睡眠時無呼吸症候群サイト

睡眠時無呼吸症候群サイトのトップページへ戻る
あなたのいびきは睡眠時無呼吸症候群? サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
睡眠時無呼吸症候群について CPAPをお使いの方へ 全国診療施設紹介 FAQ 掲示板 睡眠関連リンク集
FAQ
CPAP療法について(その他)
治療中に不快に思うことなど
question CPAP療法をするようになってから、おならが出やすくなったり、お腹が張るような感じがするのですが…。
answer CPAP圧が高いと腹部膨満感やおならが出やすくなることがあります。あまりにこういった不快感が続くようなら圧を下げるなど対応をします。主治医にご相談ください。
question CPAPをはじめてから朝起きると腰痛がします。
answer CPAP導入初期の腰痛は、よくある訴えです。やはり寝返りをされていないことが原因だと思います。対策としては、
1. 慣れると自然に体位変換ができるようになるのでほっておいてもよい。
2. ただ寝具が硬かったり、やわらかすぎると同一体位では、同じ部位に負担がかかるので慣れるまでは、寝具に工夫をされる
ということだと思います。場合によっては、入眠時の最初に横向けから寝るとよいかもしれません。
question CPAPを使っているのですが、症状が改善されないような気がします。
answer マスクは正しく装着されていますか?(フィッティングについての詳細)。正しく装着されていても症状の改善が見られない場合は、圧が合っていない事などが考えられます。主治医にご相談ください。
question 眠れないので、睡眠薬を同時に服用してもよいでしょうか?
answer 場合によっては、睡眠薬も無呼吸を促進してしまうケースがあります。主治医にご相談ください。
question 眠っている途中で無意識に外してしまっているが問題はないでしょうか?
answer ヘッドギアやマスクはフィットしていらっしゃいますか?睡眠途中に外してしまうのはマスクなどの使用方法だけが原因でないかもしれません。充分な治療効果がえられないことがあるといけませんので、かかりつけのお医者様にご相談ください。
question 眠っている間にマスクがずれるのですが…。
answer マスクがフィットしているかご確認ください。フィッティング方法についてはこちらのページを参照ください。
question CPAP療法の副作用は?
answer 治療自体に副作用はありませんが、のど・鼻の渇きや、マスクがフィットしないことによる痛みが生じることがあります。症状で気になることがあれば、一度かかりつけのお医者様にご相談ください。
question 目が乾いたり、痛くなったりします。
answer 目が乾くのは鼻周りからの空気もれが発生していることが考えられます。マスクフィッティングをもう一度ご確認ください。
question 鼻が乾燥するのですが…。
answer CPAP装置は部屋の空気を取り込んでいるため、室内が乾燥している場合には喉・鼻が乾燥しやすくなります。お手持ちの室内加湿器を使用する、濡らしたタオルを室内に吊るしたり、いくつかコップに水を汲んでおき、部屋に置いておくなどの工夫をすると良いでしょう。なお、CPAP本体にCPAP専用加湿器を装着することもできますので、必要な場合は主治医に相談してください。
question 喉がかわくのですが…。
answer 口から空気がもれていることが考えられます。できるだけ口を閉じてお休みになってください。また、口の開きを防止する「チンストラップ」というものもございます。気になるようでしたら主治医にご相談ください。また、CPAP装置は部屋の空気を取り込んでいるため、室内が乾燥している場合には喉・鼻が乾燥しやすくなります。お手持ちの室内加湿器を使用する、濡らしたタオルを室内に吊るしたり、いくつかコップに水を汲んでおき、部屋に置いておくなどの工夫をすると良いでしょう。なお、CPAP本体にCPAP専用加湿器を装着することもできますので、必要な場合は主治医に相談してください。
question 鼻水が出ます。
answer 点鼻薬などで緩和される場合もありますが、どの程度までこういったもので様子をみればいいかは、主治医へのご相談をおすすめします。
question 花粉症・鼻水で使用できない。
answer 点鼻薬などで緩和される場合もありますが、どの程度までこういったもので様子をみればいいかは、主治医へのご相談をおすすめします。
question 鼻づまりで使用できない。
answer 点鼻薬などで緩和される場合もありますが、どの程度までこういったもので様子をみればいいかは、主治医へのご相談をおすすめします。
question マスク周りから空気がもれています。
answer どこからもれていますか?マスクフィッティングが正しくない場合は締め付けに注意しながら再度調整してください。マスクには呼気排出孔と呼ばれる呼気を逃がす箇所が設けられています。ここから空気が出ている場合は異常ではありませんのでご安心ください。この部分は絶対にふさがないようにしてください。
question マスクの根元やマスク側のホースのつなぎ目から空気がもれている気がする。
answer この部分は患者様の呼気(吐いた息)を逃がすための通気口なので、絶対テープなどで塞がないでください。またこの部分に布団などで覆われてしまうと、擦れて音がうるさくなってしまうことがあるので注意してください。
question マスクがあたっている部分の皮膚が赤くなってしまいました。
answer マスクを締めすぎていませんか?マスクフィッティングを再度行ってください。赤疹など皮膚の異常がある場合は主治医にご相談ください。
question 耳が痛くなったり耳鳴りがするのですが…。
answer 場合によっては圧力の再調整が必要です。主治医にご相談ください。
question 呼気排出孔から空気がでてこないのですが…。
answer 異物がつまっていたら取り除いてください。その部分がつまっていると、呼気の中の炭酸ガスが抜けずに、治療不良の原因となってしまいます。
question ホースやマスク内に水滴がつくことがあるのですが…。
answer 患者様が吐いた息の中に含まれる水分が結露して、曇ったり、濡れることがありますが、体内からの水分ですので吸い込んだとしても問題はありません。特に室内の温度が低い場合には結露が起こりやすいので、冬季やクーラーの使いすぎには注意してください。水分が留まるようにホースに弛みを作る、室内の温度を少し上げるなどの工夫をすると良いでしょう。
question 圧力を変えたいのですが…。
answer 圧力の変更は、主治医の処方が必要となります。主治医にご相談ください。
question 圧力が強すぎる。圧力が不必要に上昇する。
answer マスクはフィットしていらっしゃいますか?
OK⇒空気圧の表示は、1目盛りおよそ2cmH2O(水柱)です。処方された、圧力に合っていますでしょうか?
圧力の変更は、お医者様の処方となっておりますので、おそれいりますがかかりつけのお医者様にご相談ください。
question 圧力が弱ってきたような気がします。
answer フィルターの汚れや、チューブ、マスクの破損はありませんか?フィルターはおおよそ6ヶ月を目安に交換してください。また、汚れたらすぐに交換してください。
question 風が冷たくて不快です。
answer お部屋の温度が低すぎるときに冷たく感じる場合があります。お部屋をあたためてください。
お手入れについて
question CPAP本体装置の取り扱いで注意することはありますか?
answer 本体装置に水が入らないように注意してください。特に本体はフィルターを交換いただくのみでお手入れいただくことはありません。
question マスク、エアチューブのお手入れはどうしたらよろしいですか?
answer エアチューブやマスクに埃やカビが残っていると、直接、患者様が吸い込むことになるため、快適に治療を行うためにも、お手入れはきちんとしましょう。
毎日のお手入れは、マスクを湿らせた布でふいてください。
週に1度は、マスク・エアチューブを中性洗剤で洗ってください。
但し、熱湯で洗っていただくのはさけてください。乾燥も日陰の風通しのよいところで干してください。直射日光はさけてください(部品の寿命を縮めてしまいます)。
特にエアチューブは一箇所でまげてほさないように気をつけてください。
半年に一度は、フィルターを交換してください。
question ヘッドギアがのびてゆるくなってしまいました。
answer 75℃以上の熱湯で洗うのは、避けてください。
question フィルターの交換方法がわかりません。
answer おとりかえについては、使用機種によって異なりますので、かかりつけの医療機関、または機器メーカーにお問い合わせください。
海外での使用について
question 海外でも使えるの?
answer 主治医にご相談ください。現在ご使用になっているCPAPを海外でそのまま使用できる場合もあります。
question 海外への持ち出しにつき主治医の許可を得たのですが、変圧器は必要ですか?
answer 電圧が日本と同じの国へいかれる場合でも、安定した電圧を供給するためには、ぜひ変圧器をご用意ください。取扱説明書を電気店へお持ちになり適切な変圧器のご購入をお勧めします。
question 入国審査用に機器使用目的を説明する文書が欲しいのですが…。
answer 主治医にご相談ください。英語版のパンフレットなどを手配いただける場合があります。
サブコンテンツ
目次へ戻る≫
病態について
検査について
CPAP療法について(全般)
CPAP療法について(その他)
治療について
診療施設について
メインナビゲーションへ戻る このページのトップへ戻る

このサイトについて│Copyright © 2004 舛谷仁丸 All rights reserved.